ロシア思想

百匹の犬を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を地球に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。


科学ノ進歩、発展ニ犠牲ハツキモノデース
神デモ悪魔デモ好キナ方デモ祈ルガイイデース!!
(実況パワフルプロ野球 ダイジョーブ博士 ゲドーくん)


ここに「一匹の犬」は彼にとってたんなる一匹ではない。
彼はこの一匹をとおして全人間をみつめている。

ロシアの女性の数学者です。コーシー=コワレフスカヤの定理で知られます。

当時、大学で学問を学ぶ女性は、非常に少なかった。

ロシアの女性で初めて、大学教授となる。知性的で美人で、非常にモテた。

アルフレッド・ノーベル、ミッタク=レフラーからも、アプローチがあったという説があります。





一人の賢明な人間に対して千人の愚者があり、一つの賢明な言葉に対して千の愚劣の言葉がある。


あの世へ行ってから、この世の生活を振り返って、あれは美しい夢だった・・・と思いたいものだ。




あれほどの努力があり、あれほどの崇高い熱誠があり、あれほどの血を流し、あれほどの家族に喪服を着せ、あれほどの顛覆をして、そしてこんなちつぽけな結果しか得られなかつたのか。


革命が来て日常生活のきまった順序がひっくり返された時。いっさいの善悪の情熱が自由に爆発して真昼間にさらけ出された時。失神のそばに非常な熱誠を見、臆病のそばに勇敢を見、つまらぬ反感や個人的陰謀のそばに非常な自己犠牲を見る時。過去の諸制度が倒れて、新しい制度が相続く変化の中にぼんやりと描き出された時。その時に、さきに自ら革命家と名のったものの大多数は、秩序の守護者の列の中に急いで走って行く。


何ものもそのまま継続するものはない。いっさいのものは変化する。動かないように見える岩も、大陸も、またそこに住んでいるものも、その習俗も、その習慣も、その考えも、われわれがわれわれのまわりに見るところのものは、ただちに変って行かなければならない一時的現象に過ぎない。不動は死だ。こういった考えに近代科学はわれわれを馴らした。


敵に打ち勝つためには、断頭台よりももっと以上のもの、恐怖政治よりももっと以上のものがいる。革命的思想がいる。本当に革命的な、広大な、敵が今までそれによって支配して来たあらゆる道具を麻痺させて無能のものにしてしまうほどの、思想がいる。




全ての命を救う為に、永遠平和の為に、

一つの命を殺す。

一つの種の命を殺す。

二人を殺しただけで良かった。

全く別のことを考えていたら、

1145141919倍も、

恐ろしい事をしでかしたかもしれない。

・・・・・・

人間以外が幸福になるから、何も問題ないぞ。

↑このページのトップヘ