ローマ帝国





賽は投げられた

来た、見た、勝った





It is not that we have a short space of time, but that we waste much of it. Life is long enough, and it has been given in sufficiently generous measure to allow the accomplishment of the very greatest things if the whole of it is well invested.


Life is divided into three periods—that which has been, that which is, that which will be. Of these the present time is short, the future is doubtful, the past is certain.




汝自らの魂の内を見よ。自らが美しくなければ、自らの行いを清め、自己のうちに美が見えるまで努力せよ。神すなわち美を見たいと欲するものは自らを神に似た美しいものにしなければならない。




言葉を知らざる家畜も、最もおそろしき野獣も、
或いは恐れ或いは悲しみ或いは喜ぶに従いて、
それぞれ異なれる叫び声を発す。

滅ぶる言葉に不滅なるものを託して、

かくのごとく、時は歩みつつ、万物の運命を変う。
かつて尊ばれしもの今やさげすみの内に落ち、
別のもの、それに代りて、さげすみの中より出ず。
日ごとに、人々は、ますます新たなるものを求め、
新たなる発見は、あらゆる賞賛を得。
人々の軽々しくそれを信ずること驚くにたえたり。


我らは同じ輪の中を巡りてこれを出ずることなし。

↑このページのトップヘ