もう行かなければならないのです。私はこれから死ぬために、諸君はこれから生きるために。しかし我々の行く手に待っているものは、どちらがよいのか、誰にもはっきりわからないのです。神でなければ。


哲学者達が国々において王となるのでないかぎり、あるいは、今日王と呼ばれ権力者と呼ばれている人達が、真実にかつ充分に哲学するのでないかぎり