我刃思想





世界の創造理由→✕

世界の創造方法→✕

世界の破壊理由→△

世界の破壊方法→〇


終わります。ご視聴ありがとうございましたm(_ _)m


エンディング流れていく





途中で巻き戻す
『天外魔境 風雲カブキ伝』
『天外魔橋 不運ビイム伝』



ほもは嘘つき
(残念、終わると思った?)


魔王がいたら、もちろん勇者もいるに決まっている。
勇者がいたら、何をするか?


・・・・・・
・・・・・・


彼らが世界を破壊する
彼らが世界を穢す
彼らが調和を乱す
彼らが全ての命を殺す
全ての命が救われる
永遠の平和が訪れる
一つの命を殺すことによって
一つの種の命を殺すことによって
何も間違っていない
何一つ間違っていない
真理 正義だ


アイスティーを飲ませて、昏睡レイプする。
真理 正義 そんなことより〇〇〇〇だ


エンディング途中から流す

最後に一つだけお聞きしたいことがあるのですが、宜しいですかね
・・・
人間は何の役に立つんですか?
・・・
・・・
・・・
私は個々の人間について聞いているわけではなくて
全体としての人間について聞いているんです


神が創造した特別な生物?
そんなこと誰が証明したんですかね
本当に神が創造したんですか?
世界の全ては神が創造した
人間のみ悪魔が創造したかもしれないですよ


神が創造した特別な生物
人間のみ知能があるから
知能がある?
本当は欠けているんじゃないですかね
全ての生物に知能を抑制する〇〇があり、人間のみ〇〇が欠けているんじゃないですかね


知能がある
知能があるとして、知能はこの世界にあって良いものなんですかね
知能がある生物は
過去何をしたんですか
未来何をするんですか
今何をしているんですか
・・・
・・・


誰かを必要ないという者は、必ずそういう立場となる
運命とはそういうものです
何の役にも立たないどころか
世界を破壊し穢し乱し殺す生物が
何の役に立つんですか?
・・・
・・・

眼鏡 白衣
本を持つ『忘れられないめがとんこいん』


自らで一つの完全なる理論を組み立て、自らでこれを破壊し、視聴者を我刃に直面させて、ほもの中に置き去りにする。


誰からも嘲笑され何の価値もないとされているものに価値を認め(クソゲー)、永遠の愛を奏で日本の心の精神を表現する作品をかけて(真夏の夜の淫夢)、永遠不変の公式を構築する。


百合は闇を照らす光であって、白昼にはいらない。闇夜であればあるほど必要となる。

淫夢は光を照らす闇であって、闇夜にはいらない。白昼であればあるほど必要となる。


今は役に立たない。100年後1000年後、役に立つかもしれない。
ここでは役に立たない。世界の果てで、役に立つかもしれない。


ほもは 絶対に 治らない
なぜなら 病気ではない から


ほもびでおが役立つことは永遠にない絶対にない。
(人生で一番役立つのがほもびでおなんて、誰も信じるわけない自分でも信じられない)


真面目に戦い完敗し、恥を捨て去り、滑稽だけども(がゆえに)力強い戦法を学んだ。


完璧なチャートを組む媚癒夢と、究極のガバプレイをする媚癒夢と、丁寧な編集をする媚癒夢、三つの人格が存在する。

のんけとゆりとほも、三つの人格が存在する。

▪️True End
勇者と魔王と主人公と3P。
えっ世界そんなことより〇〇〇〇だ


▪️勇者 End
勇者と共に人間を滅ぼす。共に死ぬ。
世界は救われる(人間が救われるとは言ってない)


▪️魔王 End
魔王と共に世界を滅ぼす。共に死ぬ。


▪️Bad End
勇者を守って、魔王に殺される。
(世界を護る者を守って、世界を滅ぼす者に殺される)
魔王を守って、勇者に殺される。
(世界を滅ぼす者を守って、世界を護る者に殺される)

・・・・・・
・・・・・・

勇者と魔王が、死刑よりも重い刑罪、のんけの刑に処せられる。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

存在と時間 全4冊セット [ ハイデガー ]
価格:5610円(税込、送料無料) (2020/7/22時点)





自らで一つの完全なる理論を組み立て、自らでこれを破壊し、

聴衆を謎に直面させて、空虚の中に置き去りにする。

自らで一つの完全なる理論を組み立て、自らでこれを破壊し、

視聴者を我刃に直面させて、ほもの中に置き去りにする。


マルティン・ハイデッガーの『存在と時間』が、

人間の存在を時間で説明したように、

和辻哲郎の『風土』は、

人間の存在を空間で説明しています。

↑このページのトップヘ