宗教は、逆境に悩める者のため息であり、心なき世界の心情であるとともに、精神なき状態の精神である。それは民衆の阿片である。


哲学者達は世界を様々に解釈してきたに過ぎない。重要なことは世界を変革することである。


歴史上のあらゆる偉大な事実と人物は二度現れると、ヘーゲルは言った。彼はこう付け加えるのを忘れた。最初は悲劇として、二度目は茶番として。


人間の意識がその存在を規定するのではなく、人間の社会的存在がその意識を規定する


人間の創造物である神が人間の外に追いやられて人間を支配したように、人間の創造物である商品や貨幣が人間の外に追いやられて人間を支配したのである。


神と人間が逆になっていたように、精神と人間が逆になっている